練習メニュー資料まとめ

【まとめ】コンビネーション①(アドバンスクラス)

コンビネーション①

122A ステップシュート

※5本決める

  1. レッグ×2 → アンダー
  2. バック×2 → リバース
  3. クロス×2 → ギャロップ
  4. ロール
  5. フェイドアウェイレイアップ
  6. インレイアップ 
  7. パスフェイクレイアップ

【目的】

  • 負荷をかけた状態のフィニッシュ
  • フィニッシュのバリエーションを覚える

125A 32シュートゲーム

  1. 3P(3点)
  2. 1ドリシュート(2点)
  3. 1ドリレイバック(1点)
  4. フリースロー(1点)

【目的】

  • タイムプレッシャーの中でシュートを決めきる

【指導ポイント】

  • ゲーム感覚で楽しく
  • 競争心を煽り、集中を促す

139A プレッシャードリブル → ステップシュート

  1. ワンドリ → ステップシュート
  2. 10秒プレッシャー → シュート 

【目的】

  • プレッシャーを受けながらのドリブルコントロールを習得

【指導ポイント】

  • ハードに腕を叩き、プレッシャーを与える
  • ハードが楽しくなるように、楽しい空気も大切にする

160A COK・シュート

  1. イン・アウト(ドリブル無し)×3  ワンツーシュート
  2. 1ドリ・クロス×3  1ドリ→ユーロステップ・シュート
  3. 1ドリ・レッグ×3 1ドリ→パスフェイク・シュート
  4. 1ドリ・バック×3 スピン・シュート

※5本決める ※内側から

【目的】

  • 負荷のあとでもシュートを決めれるようにする

【指導ポイント】

  • COKドリブルをマックスで行い、ライブスピードでフィニッシュする

182A ステップバックシューティング(5分間)

  • 5分間ステップバックシュートを打つ
  • アドバンスクラスは20本以上決める

【目的】

  • ステップバックシュートの徹底

【指導ポイント】

  • ステップバック後のライン。フォロースルー
  • タフな中でも決めきれるように声掛けを工夫する

188A シュート(3種×2)

アウト・イン 3連続

  1. シュート
  2. 1ドリ→(3ステップ)→シュート
  3. フェイク→ステップバック(3ステップ)→シュート

【目的】

  • シンプルなシュートまでのステップの習得

【指導ポイント】

  • 基本的に③ステップで完結させる

189A シュート(ジャンプストップ/アウトサイドフットミート)

※ジャンプストップ
※3連続決める

  1. シュート
  2. スナッチバック(レッグスルー/2ドリ)
  3. スナッチバック(バックチェンジ/2ドリ)

※アウトサイドフットミート
※3連続決める

  1. シュート
  2. クロス→シュート
  3. クロス→ステップバック→シュート

【目的】

  • スナッチバックを覚える
  • アウトサイドフットミートからシュートまでのワンモーションの動きを覚える

【指導ポイント】

  • 慣れてきたらリズムを覚える
  • アウトサイドフットミート後の突き出しが大切
    (抜く重心移動でフェイクの効果が上がる)

194A シチュエーションシュート(2人組)

A: トップ / B: コーナー

  1. A: ドライブ→パス(ウイング)
    B: ウイングへ → シュート
  2. A: パスフェイク(ウイング) → パス(コーナー)
    B: コーナーへ → シュート
  3. A: ①→コーナーへ → シュート
    B: ①→アタック(ミドル)→パス(コーナー)
  4. A: ③→アタック(ミドル)→パス(フレア)
    B: ③→フレア

【目的】

  • 2-0のJシステムの入り口のミニマムを覚える

【指導ポイント】

  • アウトサイドシュートの大切さを教える

196A シュート(パンチストップ→バック)

・5分以内に25本決める

【目的】

  • オープンドリブルバックステップ シュートを覚える

【指導ポイント】

  • 重心の移動のチェック
  • 5分間の制限の中、坦々と同じようにシュートを打つことを伝える

205A シュートフィニッシュ5種

3本連続決める

※2ドリ→(クロス)→コーンタッチ→2ドリ→シュート

  1. クロス無し/ベースライン/ワンハンドレイバック
  2. クロス無し/ベースライン/フェイクレイバック
  3. レッグ/ミドルライン/パスフェイクユーロ
  4. レッグ/ベースライン/スピン(アウト)→ステップイン
  5. バック/ベースライン/カバークイックシュート

【目的】

様々なシュートフィニッシュを覚える

【指導ポイント】

慌てずにDFを見てチョイスする癖をつける

216A リバースターンからのシュート6種 (リップ・フットスライド・ジャブ)

※3連続決める

  1. リップ(ミドル)→3ステップ→シュート
  2. リップ(ミドル)→スイング(ベース)→2ドリ→ステップバックシュート
  3. フットスライド→シュート

  4. リップ(ベース)→ステップバックシュート
  5. リップ(ミドル)→スナッチバックシュート
  6. シュートフェイク→ジャブステップ→シュート

【目的】

  • ウイングからのステップからのシュートを覚える

【指導ポイント】

  • DFがハードな時のフットスライドのポイントを伝える
    →出ている足側に足を入れることにより、DFはオンバランスを保てなくなる

217A リバースターンからのシュート6種 (リップ・スナッチバックなど)

※3連続決める

  1. リップ(ミドル) → スナッチバック(レッグ)
  2. リップ(ベース) → ステップバック→アタック → シュート
  3. パスフェイク → シュート
  4. リップ(ミドル) → (ビッグステップ)ドラッグ → シュート
  5. リップ(ベース) → ステップバック → クロス → ステップバック → シュート
  6. ローフェイク→ シュート(ワンモーション)

【目的】

  • ウイングからのステップからのシュートを覚える

【指導ポイント】

  • ライブシチュエーションに近い状況を想定する
  • より強いDFを想定して、引き出しを増やす

226A インサイドシュート2種(外内フローター,リバースジャンプストップ)

  1. インサイドフローター(外内) ※3連続決める
  2. リバースジャンプストップ → フェイク → ターン → シュート
    ※右ターン / 左ターン 5本ずつ決める

【目的】

  • インサイドでのシュートシチュエーション

【指導ポイント】

  1. フローターのボードの狙う位置の確認
  2. フェイクの習慣

231A ダブルボールシュート

※3回ドリブル(高く)→3回ドリブル(低く)→アタック

  1. 正面
  2. 45度

【目的】

  • 創造性を養う

【指導ポイント】

  • 創造性を養うために「楽しむ」
  • 自然に空中でのボディコントロールを覚えるようゲーム感覚で「楽しむ」

ピック&ロール・ハイピック・ハンドオフ

48A コンビネーション シュート(フック)

トップ

ウイング

ターン

アタック

フック

【目的】

  • ウイングでのコントロール
  • フックシュート

【指導ポイント】

  • フックシュートは大きい相手に有効的ということを伝える
  • ウイングでのプロテクションを徹底する
  • プロテクションが習慣になると、落ち着いてコントロールできる

123A ピックアンドロール リアクション(ウイング)

  1. ダウン→スクリーン→エルボー
  2. ダウン→スクリーン→上→エルボー
  3. ダウン→スクリーン→スプリット→ステップバック
  4. ダウン→スクリーン→クロス→プッシュ→3Pシュート
  5. ダウン→スクリーン→バック(クロス) →ワンドリクロス→リスクリーン→シュート

【目的】

  • ウイングでのスクリーンの使い方

【指導ポイント】

  • ウイングまでクイック ロール後スロー(ドリンブル2回)
  • ドリブル2回後クイック ・顔は常にインサイドを見る
  • ③DFの手の一でオーバーかアンダーをチョイス
  • ⑤バックチェンジの時、同時に足をクロスすること
  •  →体でプロテクションをするため

169A ウイング(ピック&ロール・チェンジスピート)

※3連続

ドリブル ワン、ツー → アタック(チェンジスピード)

  1. シュート
  2. クロス → シュート
  3. 1・2(2と同時に)”ジャンプ・イン” → ステップバックシュート
  4. “ジャンプ・イン” → スピン(引き足) → シュート

【目的】

  • ウイングでのコントロールのシステムを覚える

【指導ポイント】

  • 強いDFが来ても、ウイングでのコントロールを覚えることで、落ち着いてチョイスすることができるように形作っていく。
  • ゆっくりするところ、すばやくするところを慌てないように声掛けする。
  • スクリーンがセットした瞬間にチェンジスピードのイメージを伝える。

190A セパレーションシュート(ハンドオフ~)

  • イン・アウト/セパレーション / 22度
  1. ミドルシュート
  2. リスクリーン→クロス→ステップバックシュート
  3. プッシュドリブル → →シュート

【目的】

  • ハンドオフからの3パターンのシュート

【指導ポイント】

  1. ハンドオフからワン・ツーステップで大きく離れる
  2. ハンドオフからスクリーンを使ってクロス→ステップバック
  3. 止まらずにスペース(エルボー)に大きくプッシュドリブル

209A 2人組シチュエーションシュート(3種連続シュート)×2種(オフハンド/サイドピック)

※コーナー → オフハンド
※3本連続決める×2セット

  1. 1ドリ→シュート
  2. 3ポイントシュート
  3. バックドア→ショートコーナーシュート

※パッサー:トップ→ウイングへパス→スクリーン
※3本連続決める×2セット

  1. フェイク 2ドリ(ミドル) SBシュート
  2. 2ドリ(ベース) SBシュート
  3. (ミドル) / スクリーン→フレアー / リターンパス(トップへ)→シュート

【目的】

  • 様々な場所でのシュートでもフォームは同じ

【指導ポイント】

  • シュートラインの徹底

213A 3種連続シュート(ハンドオフ3種・サイドピック3種)

※ハンドオフ / 3種連続決める / ダミーDF

  1. 1ドリ(ミドルライン)→シュート
  2. 2ドリ(ベースライン)→ステップバックシュート
  3. シュート

※サイドピック(トップ→ウイング)

  1. フェイク 1ドリ(ミドルライン)→シュート
  2. 1ドリ→リスクリーン→シュート
  3. 2ドリ(ミドル)→ステップバックシュート

【目的】

  • ハンドオフ・サイドッピックからの最低限のシュートを確実に決めるため

【指導ポイント】

  • 3種を連続で行うことで、負荷が上がり、ライブに近づける

233A ピック&ロール (コンビネーション シュートフィニッシュ)

※ウイング/2ドリブル/U:ユーザー S:スクリーナー

  1. バックチェンジ→オープン→P&R→ポケットパス
    U:シュート S:シュート
  2. レッグスルー→オープン→P&R→バックパス
    U: アウト・インシュート S: シュート
  3. ショルダーフェイク→1ドリブル・ロール→P&R→オーバーショルダーパス
    U: イン・アウトバックショット S: シュート
  4. レッグスルー→オープン→スリップ→ワンハンドパス(クイック/低く)
    U: コーナー/フェイク→インステップショット S: シュート

【目的】

  • ピックアンドロールのシチュエーションとシュートフィニッシュを覚える

【指導ポイント】

  • 頭がいっぱいになるが、整理しようとすることが思考力を高めることにつながる。
  • 教え込むのではなく、自ら思考する空間を創造する

ブログランキングに参加していますのでよかったら応援お願いします。
↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA