30年後の子どもたちへ

【登園拒否】娘が保育園に行きたがらなかった ~友人からの言葉で救われた~

「ほいくえんいかない~涙」

「ほいくえんこわいよ~涙」

「なんとなくいきたくないの~。おとなになっておしごとするよ~涙」

2歳の娘が登園拒否。

最近は調子良く保育園に行ってますが、少し前まで保育園に行きたがらなかった娘。

そんな時、友人からかけられた言葉に救われました。

人から「チャレンジしろ」って言われてもしんどいんよ

がっちゃん
がっちゃん
「娘が登園拒否中~。俺の遺伝子だな。。。」
友人A
友人A
理由は?
がっちゃん
がっちゃん
さっき、泣いてる娘を連れて保育園に行ってきたけど、先生に直接娘が「ほいくえんやすみます」って。笑
先生が「なんで休みたいの?」って聞いたら
「なんとなくいきたくないの~」って。
「お父さん、お母さんお仕事だからね」って言われても、「おしごといく じゃましない」って。
そして、最後には、
「ほいくえんいかないけど、おとなになったらおしごとする」
って。
そこまではっきり先生に話してたけん、一緒に事務所に連れてきた。
友人A
友人A
タモリになるな
タモリも幼稚園とか一切行かずにおじいちゃん家で過ごしてたらしい
がっちゃん
がっちゃん
まじで~。面白い!
先生が、強引に「最初だけですよー」って、娘の話を聞かずに、引き離そうとしたけん、今日は娘の想いを優先させようと思った。
友人A
友人A
行きたいとき行って休みたいとき休めばいいんよ
人から「チャレンジしろ」って言われてもしんどいんよ
がっちゃん
がっちゃん
そうなんよねー
結局は自分しだいかな
友人A
友人A
「ここなら楽しめる!」を探す旅だ

言葉に出来ないこと

がっちゃん
がっちゃん
今日は、激しく登園拒否した娘とお仕事です!
友人B
友人B
アツいもんねーーー(^^)
やすみなっせ!
がっちゃん
がっちゃん
いろいろ娘と先生とやり取りがあって、、、
娘のスジが通ってて、ちょーー頑固。笑
本人なりの最善を尽くそうと娘なりにめっちゃ考えているのがわかります。汗
友人B
友人B
そう言えばこの前、やる気無さそうに練習する子に、「休んでも良いのに!」て声をかけ、気になったので、更に、「大丈夫?どうしたん?」と聞きいたら、暫し無言になって、出て来た言葉が、「ボチボチでもやりたいんです!」

妙に納得した。。。

その後、マジメにやり出したのを見て、心の中が騒ついてるんだろうなーて思った!

言葉に出来ない事ってあるよね!

がっちゃん
がっちゃん
「言葉に出来ない」
あると思います!
娘も最近よく「わからない~」という言葉を覚えて、「わからない~」と言いながらも、精一杯何かを考えてます。
友人B
友人B
これ見てみて面白いよ

ゴリラの対面コミュニケーションから見える言葉以前の交流

夢ナビ

まとめ

僕自身は、幼稚園から大学まで一度も自発的に行きたい!と思ったことはありませんでした。

子どもも僕と同じように思っているかもしれないと考えてしまいます。

しかし、僕の思い込みで、簡単に「行かなくても良い」逆に、「行った方が良い」と決めつけてしまうのはと、頭を悩ませています。

今は、子ども本人の言葉にできない想いに寄り添い続けようと思っています。

今回、友人の言葉にもとても助けられました。

子どもに寄り添うと思っていても、常に「これでいいのか?」「日本でこれでいいのか?」「この時代でこれで良いのか?」と迷いも出てきます。

しかし、

「ここなら楽しめる!を探す旅」「言葉にできないこともある」

友人からの、この言葉に親として、とても心が軽くなりました。