バスケスクール

子どもたちの集中力を引き出す「ビデオカメラ」の別の使い方

こんにちは。

熊本レッドベアーズでは、月に2回「ビデオ撮影」を行っています。

当初の目的は、

  • 過去の振り帰りをするため
  • 本人が映像を見て、修正点を自覚するため

ということでしたが、最近では、別のメリットに気づいきました。

子どもたちはアクター!

「今日はビデオ撮影の日ね~。よろしくねー。」

「えーーー」(拒否の言葉を言ってるけどワクワクしてる)

「はーい」(いつものね~って感じ)

「はいっ!!!」(やる気満々!)

様々な反応が返ってきます。

「じゃあ、こういうのをリハーサルしまーす!」

「はーい」

「うわー難しい」

「できんて~」

と、またまた様々な反応をしてくれます。

「ここはもっとこういう風にしてみて!こういう風にするとかっこいいよ!ここは前やったやつを応用してみて!」

リハーサル中、ポイントを話したり、練習(稽古)してたことを振り返ったりと、声をかけます。

「さーーー!本番行くよーーー!!!!」

「えー!」

「はい!」

「無理~」

にぎやかな反応です。

「本番5秒前~3!2!1!、、、」

「ぎゃーーー!」

一発目で失敗したり。

「やったー!」

と、リハーサルでは失敗続きだったけど、1発OKだったりと、とても面白いです。

「NG!テイク2行きまーす!」

本番に失敗すると、すぐさま撮り直しです。

何度もNGが続くと、どんどん集中していきます。

なんとか、OKにしたい!という気持ちが伝わってきます。

「テイク8。。。オッケー!!!!」

リハーサルでは、成功できなかったことでも、本番を繰り返すことで、とても難しかったことも、短時間でできるようになりました。

まとめ

以前は、

  • 過去の振り返りができる
  • 本人が映像を見ることで、修正点を自覚できる

ということで進めてきた「ビデオ撮影」

最近では、集中力を高めることに、とても効果的というに気づきました。

ただ、撮影をするのでなく、子どもたちをアクターに見立てて、僕は監督兼カメラマンを装うことで、子どもたちは楽しみながら、短時間で、できないことができるようになっていきます。

何事も工夫次第で、子どもたちの可能性は無限大に広がっていくと確信しています。

また、面白いことを発見したらシェアしていきたいと思います。