バスケスクール

【留学】変わらない笑顔

今年の夏に日本の大学を辞め、アメリカの大学へ行った高野岳飛(ガクト)くんのインタビュー動画を紹介します。

インタビュアーは、トルネードアカデミー 豊中ROOTSのあいりコーチです。

渡米直前のガクトくんの素直な心境、そして渡米が決まるまでの、心の変化などとても興味深いインタビューになっています。

高野岳飛(ガクト)くんとの出会い

僕とガクトくんとの出会いは、2015年のシアトルでのスプリングキャンプ(第6回トルネードJr.)。

全国から子どもたちが集まった中で、大阪のトルネードアカデミー豊中ROOTSから参加したのが当時小学6年生のガクトくんでした。

その時から、アメリカでバスケがしたいという夢を持ち続け、今年夏、アリゾナにあるコーチーズカレッジに入学しました。

シアトルでのガクトくんの印象は、何事も楽しんでいる子。楽しみを探すのが得意な子という印象でした。

いつも、お友達とニコニコ楽しそうに過ごしている姿は、常にその場を明るくしていました。

帰国後も大阪で何度も会い、いつ会っても、小学生の時と変わらない笑顔でいた事に、毎回心が温かくなっていました。

まだ、留学生活が始まったばっかりです。

これから、どのような人生を歩いて行くのか、とても楽しみです。

いつもでも、変わらぬ笑顔で、楽しみ続けて欲しいと思います。